興味を持たれた方は、こちらからご連絡ください。

不動産無料出張サービス

売りたい貸したい、不動産の活用・管理のことなら、神戸市のトップライフまでご相談下さい。
宅地建物取引業:兵庫県知事(2)第11330号 賃貸住宅管理業:国土交通大臣(2)第477号
News

―”もし実家が空き家になったら”調査―

もし実家が空き家になったら「売却したい」41.6% 理由「将来住むことがないから」
 
不動産情報サービスのアットホーム株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役:松村 文衞)は、
実家が持ち家の、全国の30~40代男女618名を対象に、“もし実家が空き家になったら”
調査を行いました。
主な結果は以下の通りです。
 
 
<主な調査結果>
 
◆空き家になった場合、実家は「売れる」42.9%、「借り手が見つかる」31.9%
 
「もし、実家が空き家になったら」と仮定した上で、「売却する場合、売れると思うか」と聞いたところ、
「売れる」と思う人は42.9%でした。また、「賃貸物件にする場合、借り手が見つかると思うか」も聞いたところ、
「借り手が見つかる」と思う人は31.9%となり、売るよりも借り手を探す方が難しいと考えているようです。
 
 
◆もし実家が空き家になったら「売却したい」41.6%
 
「もし、実家が空き家になったら」という仮定で、空き家になった際にどのようにしたいかを聞いたところ、
「売却する」が最も多く41.6%、「賃貸にする(土地活用含む)」は11.7%という結果でした。
売却に次いで2番目に多かったのは、「将来自分もしくは親族が住む」で34.8%、
「誰が住むかはわからないが、空き家にして管理し続ける」7.9%を合わせると、
実家を残したいと思っている人も4割以上いることがわかります。
 
 
◆売却したい理由「将来住むことがないから」、賃貸にしたい理由「賃料収入を得たいから」
 
「売却」を選んだ理由は、「将来、その家に住むことがないから」が最も多く49.8%と約半数、
次いで「現金収入が欲しいから」38.5%、僅差で「固定資産税を払いたくないから」38.1%と続きました。
一方、「賃貸(土地活用含む)」を選んだ理由は、「賃料収入を得たいから」が最も多く
61.1%と6割以上にのぼりました。
 
 
もし実家が空き家になった際にどうするかについて、「売却」を選んだ理由は、
「将来、その家に住むことがないから」が最も多く49.8%と約半数、
次いで「現金収入が欲しいから」38.5%、
僅差で「固定資産税を払いたくないから」38.1%と続きました。
一方、「賃貸(土地活用含む)」を選んだ理由は、
「賃料収入を得たいから」が最も多く61.1%と6 割以上にのぼりました。
「もしかしたら将来自分が住むかもしれないから」や「慣れ親しんだ家や土地を手放したくないから」
という人も一定数おり、賃貸にする理由も売却するよりは実家を手元に残したいと
考えている人が少なくないようです。
ちなみに、「もし賃貸にするとしたらどのように活用したいか」についても全体に聞いたところ、
最も多かったのは「居住用賃貸物件として貸し出す」で71.7%、
次いで「家を解体して駐車場として貸し出す(コインパーキング含む)」15.9%、
「家を解体してマンション・アパートを建てて賃貸経営する」11.8%と続きました。
 
 
 
◆空き家を管理してくれるサービスがある事を知っている 26.7%
 
 
空き家に関するサービスや法律等について認知度を調査したところ、
「空き家を管理してくれるサービス」があることを知っている人は26.7%、
「空き家対策のための特別措置法が2015 年5 月に執行された」ことを知っている人は35.8%、
「それにより、場合によっては悪質な空き家に対して、市町村が除去などの措置を強制執行できる」
ことを知っている人は39.8%、「空き家バンク」を知っている人は14.7%でした。
※空き家バンクとは、主に自治体が移住・定住促進等のために、空き家情報を提供する仕組みのこと。
 
 
 
<調査概要>
 
◆対象/実家が持ち家で、現在実家に居住者がいる、全国の30~40代男女618名
※実家とは、自分が生まれた家や、自分の父母が住んでいる家の事を指しています
 
◆調査方法/インターネットリサーチ
 
◆調査期間/2015年8月12日(水)~8月13日(木)
※小数点第2位を四捨五入しているため、 合計100%にならない場合があります。