興味を持たれた方は、こちらからご連絡ください。

不動産無料出張サービス

売りたい貸したい、不動産の活用・管理のことなら、神戸市のトップライフまでご相談下さい。
宅地建物取引業:兵庫県知事(2)第11330号 賃貸住宅管理業:国土交通大臣(2)第477号
News

不動産売却時に高値を付ける不動産査定には要注意

不動産を売却する場合には、不動産仲介会社に依頼するのが殆どです。
この場合、首尾よく売却できるかどうかは不動産会社の力量という側面もあります。



一概には言えませんが、対象不動産の査定を高く付ける会社は、少し警戒した方がいい場合があります。
基本的には、不動産会社の手数料は不動産の価格に対してのパーセンテージという国土交通省の定める
ところによります。
高い査定の方が不動産会社の利益は多いことと同時に、高く売れれば売主にとっても有りがたい話では
ありますが、相場を逸脱した価格で売りに出しても買い手がつくような甘い世界ではありません。
売れない期間が長くなればなるほど、ずるずると長期間売り出していることによって
不動産売買市場では、「売れ残り物件」という印象付けられた物件となってしまい、その後、
価格をずるずると下げてもなかなか売れず、
結果的には、“当初から適正相場で売り出していれば良かった・・”ということになりかねません。

ご自身が不動産を探している立場になった時、長期に渡り不動産チラシやインターネットサイトなどの
広告に掲載されているのを見ると「まだ、売れていないの?」と、感じてしまうのではないでしょうか?

このようなケースは意外と多く、物件所有者の意向と不動産市場という現状とのバランスで
価格決定行うことが大切です。



また、自分でできる売却価格の目安のつけ方としては、国土交通省が運営しているサイト
「土地総合情報システム」を参考とすることも一つです。
ここでは、不動産の取引価格情報、地価公示・都道府県地価調査のデータが検索できます。
同じく、国土交通省が運営する「土地総合ライブラリー」でも同様のデータが検索可能です。

不動産業者が査定した金額が高いのか安いのかの判断を行うことは難しいのが実情です。
前例2つのサイトが必ずしも実際の取引価格が反映されているとは言い切れませんが、
目安や参考にはなるでしょう。

ご身内から譲り受けた不動産・ご自身が購入した不動産、どちらにしても大切な不動産(資産)を
的確に売却するためのストーリーはとても重要です。