興味を持たれた方は、こちらからご連絡ください。

不動産無料出張サービス

売りたい貸したい、不動産の活用・管理のことなら、神戸市のトップライフまでご相談下さい。
宅地建物取引業:兵庫県知事(2)第11330号 賃貸住宅管理業:国土交通大臣(2)第477号
News

マイホームの購入時期は、自分達で決める!

マイホーム

「マイホームを買うか買わないか」「買うとしたら、何時ごろ、どこに、どんなものを?」
こうした問いには私たちの多くが持っており、また、この疑問に答えようとする方々も多くおられます。

しかし、本人以外の人がこの答えを導き出すには一定の限界があります。
というのも、提示できるのは主に「外部要因」だからです。
外部要因とは、景気・住宅ローン金利や融資動向、需給やトレンドなどの住宅市場動向、
政策や税制などです。

こうした大きな潮流は、私たち個人が到底コントロールできるものではありません。
だからこそ私たちはマイホームの買い時を見極め、有利な住宅ローンや各種制度を利用し、
少しでも得をするタイミングや手法を探ろうとします。

ところが、実際にはマイホーム購入のタイミング一つとっても、なかなか思い通りにはなりません。
というのもほとんどの人にとって、マイホーム購入は「市場動向から見ると今は買い時だ」という
外部的な理由ではなく、「親と同居する」「子供の学校に合わせて」などの
「内部要因」が多くのケースで優先されるからです。
人間は経済合理性を第一に生きているわけではありませんから・・。

現実は「自分や家族の都合を考えると、今が買い時だろう。そのときにたまたま市場動向が自分にとって
有利・不利だった。」という方が大半です。
それでよいのです。
言うまでもなく、「自分の家族の幸せのため」です。
長年この業務に携わっていると、“新築住宅を契約したけれど、完成後の引渡しに前に離婚した。”
あるいは “入居後すぐに離婚した。”などというケースにも遭遇します。

経済合理性を優先してマンションを買ったものの、実はその物件は自分たちの生活に合っておらず、
決して快適ではなかった、それで夫婦間が不仲になってしまったという事例もあります。
こうなると「何のためにマイホームを買ったのか」ということになります。
もちろん反対に、マイホームを購入することによって、幸せになった家族もたくさんおられます。
幸せの定義や価値観は人によってさまざまです。

一番大切なのは自分や家族の幸福です。
その上で、より賢いマイホームの選び方やローンの組み方などのノウハウがあるはずです。
「なぜマイホームを購入するのか。」ということを、はっきりと意識付けすることが
大切ではないでしょうか。