興味を持たれた方は、こちらからご連絡ください。

不動産無料出張サービス

売りたい貸したい、不動産の活用・管理のことなら、神戸市のトップライフまでご相談下さい。
宅地建物取引業:兵庫県知事(2)第11330号 賃貸住宅管理業:国土交通大臣(2)第477号
News

不動産会社が行う自宅の価格査定は相場の1~2割高

不動産を売却するにあたっては、複数の不動産会社から自宅等の売却査定を
依頼する場合が多いと思います。
売主の心理としては、高く売ってくれる不動産会社に依頼をしたくなるのは当然です。

たとえば市場価格が3800万円のマンションを売却するにあたって、
いくつかの不動産会社から査定をしてもらったとします。
仮にA社から「あなたのマンションは当社では4000万円で売ります。」
一方のB社からは「3800万円で売ります。」と言われたら、
どちらの不動産会社に依頼したくなりますか?
査定報告書
人間の心理としてA社に依頼したくなるのが自然ではないでしょうか。
しかし、ここが大きなポイントなのです。不動産の査定は、車の査定とは異なります。
なぜなら、買うのは市場のユーザーであって、不動産仲介会社ではないからです。
不動産会社は自分が買うわけではないため、高く査定するのです。
このようなことをする理由は、他社との競合があるためです。
高く査定価格を出してくれたところに依頼するという売主の心理を知っているため、
1円でも高額査定を提示して、売却依頼を受けようとするのです。
査定額
ここで一つ疑問が生じます。
A社は市場価格よりも高く売却を引き受けてどうするのでしょうか?
そう、ここからが本当の勝負です。
いったん売却活動を行って間もなく
「いや~、頑張っているんですが、売れませんね。時期が悪いのでしょう。
ここは一つ売り出し価格を200万円下げて再活動しましょうか?」
などと言う場合が多くあります。
結局はB社の査定価格にならざるを得ないのですが、
いまさらB社に売却依頼を変更しづらく、A社の言う通り価格を改定するということとなります。
正確に査定したB社が報われずに、顧客心理を利用したA社が商売になるという
不動産業界特有の事情があります。
勿論、どの業界でも顧客心理を利用・活用することは大切ですが、
不動産の場合は、むやみやたらに価格を改定(下げる)ことで、
結果的に想定価格よりも低い価格で売却せざるを得ないケースが多々あります。

売出し当初の価格設定はとても大切なため、失敗しない不動産売却を行うためには、
より慎重に決定することが必要となります。



過去のコラム:不動産売却時に高値を付ける不動産査定には要注意
/blog/2014/07/post-30.php


不動産の売却知識については
/contents/sell/