興味を持たれた方は、こちらからご連絡ください。

不動産無料出張サービス

売りたい貸したい、不動産の活用・管理のことなら、神戸市のトップライフまでご相談下さい。
宅地建物取引業:兵庫県知事(2)第11330号 賃貸住宅管理業:国土交通大臣(2)第477号
News

空き家を放置するリスクと売却するメリット

空き家を放置することは大きなデメリット

case3_image.jpg

土地建物には固定資産税がかかり支払う義務があります。土地だけだと同じように固定資産税がかかり、建物があれば固定資産税が安くなるからという理由で、空き家のまま放置する人が多いようです。

しかし、本当に空き家放置は得策なのでしょうか?

税制上のデメリットはもちろん、防犯上の問題や老朽化による倒壊の危険性もあります。

また、空き家対策措置法により罰則規定が新たにでき、新制度では、空き家であっても固定資産税が一気に6倍にも跳ね上がる可能性もあります。

では、空き家を放置するリスクについて確認してゆきましょう。

まず、固定資産税が高くなるという税制の問題があります。また、3年間空き家だった物件を売却するとなると、「譲渡税」が高くなってしまいます。

さらに、空き家の状態で相続すると「相続税」が高くなります。その他、都市計画税が課税されることもあるので注意が必要です。空き家は予想以上に維持費が高くつくと感じませんか?

実際、空き家を持つことはお金がかかるということに他なりません。

 

空き家を売却するメリットとは?

では、売却する場合のメリットについて見てゆきましょう。

売却して現金化することによって、その現金を納税資金に充てられます。今までのような維持管理が不要になり、経済的にも助かります。固定資産税がかからなくなります。

売却するにあたり、ポイントとなるのは、空き家になって3年以内に売ることです。

なぜなら、空き家になった日から3年目の12月31日までに売却すれば、譲渡所得から最高3,000万円まで控除ができる特例があります。売却益が3,000万円までなら、その譲渡所得に対して所得税は課税されません。

 

思い出の実家を売却したくない場合

ihin_staff_commen_img.jpg

どうしてもその建物に思い出があり、手放したくない場合、私の個人的な意見としては、売却しないなら利用・活用したほうがベターだと思います。

どんな活用法があるかというと、やはり賃貸にすることでしょう。

たとえば、実家の両親が高齢者介護施設に入居することになり、空き家になったとします。実家を賃貸に出す場合に注意が必要な点は、確定申告をきっちり行うことです。青色申告を届け出れば、10万円が特別控除に該当します。 また賃貸の状態で相続することになれば、固定資産税評価額が減額されます。

いかがですか? 空き家の売却、賃貸について確認してみました。空き家のまま放置することが一番お金が、かかることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

 

関連ページ: /contents/vacant/