興味を持たれた方は、こちらからご連絡ください。

不動産無料出張サービス

売りたい貸したい、不動産の活用・管理のことなら、神戸市のトップライフまでご相談下さい。
宅地建物取引業:兵庫県知事(2)第11330号 賃貸住宅管理業:国土交通大臣(2)第477号
News

ローンが残っている住宅を売却できるか?

返済額+新居購入額が売却金を下回っているか確認を

faq1.jpg

マンションや一戸建ての住宅ローンは長期にわたっています。長い人生、色々なことがあるのが普通でしょう。ローンを完済していなくても、住み替えたくなったり、移転しなければいけない事情が発生することも…。

では、ローンが残っているのに、住宅の売却は可能なのでしょうか?

答えは、イエスですが、ある程度の条件を満たさなくてはなりません。

 

通常、ローンが残っている不動産を売却する際、住宅の売却代金でローンを全て返済します。

もしローン残高の方が物件価格より高い際、その差額を支払って売却します。となると、ある程度のまとまった現金が必要になります。

 こういった場合に買い替えローンを活用できます。

買い替えローンは、住んでいる家を売却し、新しい住まいを購入するときに利用する住宅ローンのことです。

 

先にも述べたように、買い替えるには現在借りている住宅ローンを完済しなければなりません。

住んでいる家が、ローン残高よりも高い金額で売れれば良いですが、ローン残高の方が多い場合は、銀行で買い替えのためのローンを組むことができます。

買い替えローンは、すでに組んでいる住宅ローンより低い金利で借り換えることが可能です。

 

支払いが困難で売却せざるを得ない人は「任意売却」を

img_01.jpg

では、住宅ローンの支払いが苦しくなり、支払えないから売却したい、売却せざるを得ない…という人はどうすれば良いのでしょう?

そのような状況に適しているのが「任意売却」です。

「任意売却」とは、借入先の金融機関である債権者の同意を得て、ローンが残っている不動産を売却する方法です。

「任意売却」に決定したからといって、返済しなくてよくなるのではないので、少額でもきちんと支払ってゆく誠意ある姿勢を見せることが大事です。

 

競売はできる限り避け、そうなる前に手を打とう

yjimageT0M4DL1V.jpg

また、債権が債権回収会社に委譲されている際は、返済額を減額されることがあります。債務者の生活状況や資産等を考慮した上で、実際に返済が可能かどうか判断され、減額か妥当かどうか決められます。債務者は、自分に決定権はないので減額されるかどうかは、あまり期待しない方がベターでしょう。

また、ローン返済が不可能となり、滞納を続けた場合、裁判所によって強制的に売却されることになります。いわゆる競売にかけられるということになってしまうのです。

競売では、不動産物件は、市場価格の7割前後でしか売却できません。さらに自身の手元には、現金はほぼ残りません。

できれば競売は避け、そうなる前に「任意売却」を選択する方が良いでしょう。

関連ページ:任意売却→/contents/consultancy-business/private-sale/