興味を持たれた方は、こちらからご連絡ください。

不動産無料出張サービス

売りたい貸したい、不動産の活用・管理のことなら、神戸市のトップライフまでご相談下さい。
宅地建物取引業:兵庫県知事(2)第11330号 賃貸住宅管理業:国土交通大臣(2)第477号
News

マイホームを貸したい方に大きなミカタ「定期借家制度」

私たちがご提供させていただいているコラム記事の中でも、
マイホームを賃貸する内容ものが多く含まれています。
理由は、近年、住まなくなったご自宅を売却することなく、
賃貸活用するケースが増えているからです。また、国や地方自治体も
利用していない住宅の賃貸活用を推奨していることも背景にあります。

ただ、まだまだご自身の住宅を賃貸することに抵抗を感じている方も多く、
空家・空き部屋のままにしてる方も多いのが実情です。

賃貸借契約書

ご自身のご自宅の賃貸活用について懸念されている方の多くが
「一度貸せば、いつ解約してもらえるのか分からず、将来が不確かになる。」
という理由も大きいようです。
確かに、従来の借家契約は、貸主から借主に解約を求める際は、
「正当事由」が必要となり、その正当事由が法律上、簡単には認められないのです。
よって、将来、ご自宅をご売却したり、ご身内の方がお住まいなることとなっても、
借主に退去してもらうことが出来ず、まるで自分の不動産では無いような扱いとなってしまいます。

そこで、住宅所有者にも安心して利用いただける制度が「定期借家制度」です。

当制度は、既に平成12年3月1日から施行されているのですが、当初はなかなか普及せず、
従来の借家契約に隠れた存在となっていました。
しかし、近年、住宅の賃貸活用の推進という社会背景に伴って、右肩上がりに増えています。
制度の内容については、名称の通り、期間限定(定期)で賃貸する仕組みです。
それによって、所有者の方の将来的な生活計画が立てやすいようになります。

尚、活用事例については、以下をご参考下さい。

・転勤の間の留守宅を賃貸したい。
・将来、親族(子供等)が住む予定の家を貸したい。
・将来、売却を検討するが、今すぐではないので、その間賃貸したい。
・継続的に賃貸したいが、借主の入居中のマナーによっては契約更新しない場合が
 あるので、将来のリスク回避のために利用したい。
・その他、短期貸し等

尚、貸主の事情が変わり、将来にわたり長期的に賃貸が可能となった場合は、
借主との再契約も可能です。

制度利用者のライフステージやライフスタイルに合わせて、契約期間も多様に決めることができるため、
今まで自宅の賃貸活用を懸念されていた方々も、今後、検討してみてはいかがでしょうか。

 

関連ページ

貸したい方:/contents/rent-out/flow/