興味を持たれた方は、こちらからご連絡ください。

不動産無料出張サービス

売りたい貸したい、不動産の活用・管理のことなら、神戸市のトップライフまでご相談下さい。
宅地建物取引業:兵庫県知事(2)第11330号 賃貸住宅管理業:国土交通大臣(2)第477号

会社・媒介契約選び

会社・媒介契約選び

はじめに

売却を依頼する不動産会社選びは極めて大切です。そしてさらに誠実で優秀な営業マンとの出会いにも期待したいものです。この章では、以下の2つの項目に関してお話していきます。

不動産選びの基準

check02.png

さていよいよ売却をサポートしてくれる不動産会社の選び 方を検討します。まず以下の3つの項目をチェックします。

  1. 依頼する候補の不動産会社を数社見つける。
  2. 数社に査定をして貰う。
  3. 会社選び・優秀な営業マンとの出会い

媒介契約選び

ie.png

媒介契約とは、不動産を売却する際に、不動産会社と締結する販売依頼形態のことです。
以下の3つの形態があります。

  1. 専属選任媒介契約
  2. 専任媒介契約
  3. 一般媒介契約

 違いを一覧表にまとめてみました。

  複数業者との契約 自ら見つけた相手との取引 指定流通機構への登録義務 業務処理報告義務
専属専任 × × 5営業日以内 1週間に1回以上
専任 × 7営業日以内 2週間に1回以上
一般 なし なし

 

どの形態が有利なの?

どの媒介契約が有利なのか、また自身に適しているかという問題は、売主の事情・また物件、地域の事情によって異なります。
ここでは以下の3つの事情によって、どの媒介形態が有利なのか、そしてどの会社を選んだら良いのかを検証します。

  1. 売主の事情による場合
  2. 物件・地域事情による場合
  3. 大手か、中小か

さまざまな事情によって媒介形態が異なりますが、一般的な考え方として以下の表としてまとめてみました。但し、これはあくまでも目安ですので、地域事情によって異なります。

売り事情
 ・急いで売りたい
・確実に売りたい
・売りのメドを立てたい
・できる限り売りたい
・売り急ぎはしない
・最終的に売れなくても仕方がない
専属専任×
専任
一般××
地域事情
 独占的に強い不動産会社がある大手・中小が競争し合っている特に市場を独占している会社はない
専属専任×
専任
一般×

 

各手続き等、詳細のご案内

  • 売却プランとは?
  • 適正な価格の決め方
  • 売却に要する期間
  • 高く売るための工夫
  • 売却に要する費用
  • 値下げのタイミングと金額