興味を持たれた方は、こちらからご連絡ください。

不動産無料出張サービス

売りたい貸したい、不動産の活用・管理のことなら、神戸市のトップライフまでご相談下さい。
宅地建物取引業:兵庫県知事(3)第11330号 賃貸住宅管理業:国土交通大臣(2)第477号
News

不動産売却査定価格はあくまでも売却目安の参考価格

皆さんは自分の保有不動産が「いったいいくらで売れるのか」
「どのくらい資産価値があるか」をご存知でしょうか?
いざ売ろうとするまで、まったく気にしないという人もいれば、
「近い将来、売却を検討している。」
「持っている不動産の資産価値を把握しておきたい。」
などという理由で、不動産会社に査定を依頼する人もいます。

また、近年はインターネットサイトで簡単に査定申込が可能な
「一括査定」というサイトも存在します。
その一括査定はの特徴は、一つのサイトで複数社同時に査定依頼できる手軽さから
利用者が増えているようですが、個人情報を登録して査定依頼した後は、
電話やメールなどで「売却しませんか?」「訪問させてくれませんか?」
「詳しい話を聞かせてくれませんか?」など・・、
複数の不動産会社から、また、それぞれの担当者から営業電話などが
たくさんく入ることはご周知の通りです。

通常、売却査定は無料で行われていますから、気軽に相談することができます。
大手の不動産会社・地元の不動産会社を含め、殆どが無料で行っていることから、
何社に査定しても費用負担はありませんが、あまりにも多くの不動産会社に依頼しても
後の対応が大変になる可能性があることから、ある程度、依頼会社を絞ったうえで
ご相談することお勧めします。

 

また、不動産会社から報告を受ける査定価格について、
一般的には、仲介での売却を想定した査定報告価格となっていることから

「査定価格=必ず売れる価格」ではない
ということを予め理解が必要です。


査定価格はあくまで「売却できるであろう(売却できるのではないか)目安の価格」なのです。


勿論、査定価格よりも高く売却出来る可能性もあります。
また、査定価格よりも低くなる可能性も当然あります。

査定依頼を受けた不動産会社は、当然ながら査定した不動産の売却を受託したために
依頼者に対して出来るだけ高い査定報告を行うことに努めます。

よって、時には実際の流通想定価格よりも高い査定報告書を作成することで
依頼者から売却依頼を獲得することだけに注力する査定報告もあるのです。

依頼者からすれば、一番高い査定額を付けてくれた会社に売却依頼したい思いが
あるのは当然です。しかし、その後、実際に売却活動を開始しても
なかなか買い手が現れないため、何度も価格を下げて販売活動行い、
結果、流通相場よりも低い価格でしか売却出来なかったというケースも珍しくありません。

不動産売却査定額=売却価格ではない理由。

当然ではありますが、不動産流通市場で取引される価格は、買い手が見つかって初めて確定します。
例えば、不動産買取査定の場合は、「提示した価格であれば買取します。」という会社が
いることから、査定金額は確定します。

しかし、一般的な不動産売却(仲介)査定の場合、査定した時点ではまだ買主は決まっていないため、
「推定価格」「想定価格」などの「目安価格」にしか過ぎません。
最終的な売却価格は買主が現れるタイミングや売却活動中の近隣類似物件の売り出し状況など
様々な要因によって流動的となります。

また、不動産は、世の中に同じものが二つとして無いため、価格決定が難しいということも理由です。

例えば、車や家電製品などは製造メーカーが大量生産行い、それに価格を付けて販売しますが、
不動産の場合は、同じ時期に同じ家を10件建てても、それぞれ立地が異なることから、
「隣が3,000万円で売れたから、この物件も3,000万円になる。」
という単純なものではないのです。また、マンションの場合でも、同じ縦列で同じ間取りの住戸でも
所在階数の違いで陽当りや眺望も異なり、それが価格に反映されます。
また、中古住宅となれば、室内の保守状況なども価格に影響を及ぼすことから、
「近隣の類似住宅がこの価格で成約されているから、今回の査定対象住宅は〇〇万円です。」
というような安易な価格回答が出来ないのが実情なのです。

よって、査定価格は、「〇〇万円~〇〇万円程度」という、あくまでも目安となるのです。

ただ、近隣の取引事例などは、大きな参考価格となることから、
近隣不動産の成約状況や現在販売中の情報を比較対象として査定行うのが一般的です。

不動産は属性が強く、見解によって価格が左右する可能性があることから、
様々な角度からの検証によって査定行う必要があります。


ですから、査定を依頼した複数の不動産会社から得た複数の査定価格に一喜一憂するのではなく、
あくまでも、査定額の検証方法や根拠など、その査定額に至った経緯の確認や
査定を行った不動産会社の担当者の考え方などに着目することの方が、
売却査定において大切なことだと思います。

今後のご参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

 

・お問い合わせフォーム
 https://www.toplife.jp/contents/category/contact/


・家、貸しませんか?
 https://www.toplife.jp/lp/


・不動産を売りたい方
 https://www.toplife.jp/contents/category/sell/


・オフィシャルサイト
 https://www.toplife.jp/

;