興味を持たれた方は、こちらからご連絡ください。

不動産無料出張サービス

売りたい貸したい、不動産の活用・管理のことなら、神戸市のトップライフまでご相談下さい。
宅地建物取引業:兵庫県知事(2)第11330号 賃貸住宅管理業:国土交通大臣(2)第477号

2015 1月

二世帯住宅のメリットと注意点

マイホームの取得に際し、親との同居に不安な妻と、親の老後が心配な夫。
「何とかしたいけど行動に移れない」という話を最近よく聞きます。

二世帯

そんな方への解決策として「二世帯住宅」という選択肢があります。

玄関もお風呂もキッチンも全部別々。それなら各世帯のプライベートをしっかり確保しつつ、両親を身近で見守ることができ、子供の面倒を親世帯に見てもらうこともできます。

今回は、そんな二世帯住宅のお話を紹介したいと思います。
 

二世帯住宅のメリット

まずは、二世帯住宅のメリットをみていきましょう。

親世帯からみれば、万が一老後に何かあったときにも子供世帯がひとつ屋根の下にいることから大きな安心が得られます。
子供世帯にとっては、子育ての協力を親世帯から得られます。
子供が病気になっても看病をお願いしたり、旅行や外出の時には留守を頼むこともできます。

また金銭的なメリットとしては、通常、一世帯分の土地に2軒分の家を建てることとなりますので、土地の購入費用が安くなります。実際に都心では土地の価格が高いため、子供世帯だけでは住宅の購入が難しいケースもありますし、親世帯としても老朽化した自宅の建替えにあたり長期のローンを組むのが難しいといったことがあります。
互いに個々では、ローンによる借り入れができなくても、二世帯住宅なら親子リレー返済などを利用し、返済期間をより長く設定した上で融資を実現するといった方法が取れるのです。
 

二世帯住宅の種類

二世帯住宅には、その形態により数種類に分けることができます。
その種類は、①共用型、②1・2階型、③左右連棟型です。

①共用型
通常の住宅を二世帯で共有するものであり、玄関はひとつ。
あとは、内部において部屋割りをするだけで、浴室やキッチンを別々にするのも自由です。
ただ、このタイプは同居感が最も強いので、プライベートの確保という点では適しません。
しかし、共有部分が多ければ多いだけ建築コストは安くなる点が魅力です。
またこの場合、区分登記ができないため、融資の際は1つの物件とみなされ、原則として親世帯と子世帯が別々の住宅ローンを組むことはできません。

共用型②

②1・2階型
玄関を1階に2つ設けて、1階と2階とで世帯分離するという内階段方式と玄関を1階と2階にそれぞれ設けて、1階と2階とで世帯分離するという外階段方式があります。
世帯ごとの往来を住宅内で行う際に必要なドアに関しての防火要件を満たせば、区分登記が可能です。
1つの住宅でも2物件とみなされるので、住宅ローンも別々に組むことができます。

③左右連棟型
いわゆる「長屋」のようなもので、より各世帯のプライベートが確保できるタイプといえます。
②1・2階型と同様に、世帯ごとの往来を住宅内で行う際に必要なドアに関しての防火要件を満たせば、区分登記が可能であり、住宅ローンの扱いも同様です。
ただ、②1・2階型と③左右連棟型は、トイレ・キッチン・浴室などの設備が二世帯分になるため、建築費が高くなってしまう傾向にあります。

左右・1、2階型
 

中古住宅の流通と注意点

二世帯住宅を中古で購入したいと考える方も少なくないと思います。
以前と比べれば、ハウスメーカー各社とも二世帯住宅の建築数を伸ばし、市場に供給されています。とはいっても、絶対数は一般住宅と比べると少ないのも事実です。

そんな中で、程度のよい中古物件を探すのは容易とはいえませんし、また二世帯の要望を完全に満たすスペックを探すことも容易ではありません。
そういった場合は、業者と相談し、リノベーションやリフォームを視野に入れてみると選択肢が広がります。
終の住み処として、家を建てる・購入するといった意識を強く持つことが大切です。


最後に、二世帯住宅の注意点を挙げれば「一般家屋に比べて売却しづらい」ということです。
しかし、上記で述べたように、流通は少なくてもニーズはあります。
二世帯住宅は購入希望者を発見するのに少し時間がかかるということを覚えておきましょう。

いかがでしたか? 二世帯住宅はメリットだけではなくさまざまな注意点もありますが、とても合理的なプランだといえます。前向きに検討してみる価値はありそうですね!


関連記事:http://mbp-kobe.com/toplife/column/47908/

このコラムを読んでよかったと思

住宅エコポイントの概要が一部公表されました。

前号でお伝えしたように、住宅エコポイントが補正予算にて復活することがほぼ
決定し、国土交通省より概要が公表されています。現段階でわかる今回の制度
のポイントは、下記のとおりです。
 
・対象期間は、12月27日以降に契約した物件になりました(ただし、補正予算決定
までに工事を完了していないこと)。なお、今回明記されていませんが、3月末
までに契約したものが対象になるようですので、短期勝負となります。
 
・前回同様に、耐震リフォームを合わせて行う場合は、ポイントが加算されます。
 
・中古住宅の取得と併せて行うエコリフォームに関しては、ポイントが加算されます。 
 
 
さらに詳しい内容や各地で行われる説明会については、決まり次第公表される
ようですので、追加情報が出れば随時ご連絡いたします。
 
【国土交通省】
省エネ住宅に関するポイント制度の実施について
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_fr4_000045.html
 
 

住まなくなった”自宅”を賃貸するときの注意点

最近、当社に戸建て(ご自宅)を賃貸したいというお客様からのお問い合わせが増えています。
ご自宅の賃貸の場合は、お客様にとって初めてのことが多く色々とご不安を覚えることが多くなりますので、ここでご自宅の賃貸の場合の注意点を記載します。
ご自宅の賃貸をお考えの方は是非、ご参考頂ければ幸いです。

戸建

家族構成の変化によるお引越しや、施設等の入所によりお住まいになられていた戸建てが空き家となることをきっかけに、賃貸をご検討になられるケースが増えています。
この場合、「不動産を賃貸することが初めて・・」とおっしゃられる方が大半なため、様々な点でご不安を抱く方も多い思います。
はてな
その不安やご心配内容の代表的なものは以下の通りです。
①空室が埋まるかどうかが不安
②入居後のトラブルやクレーム対応
③家賃滞納時の催促・対応
④将来の物件処分(売却等)の可否

こうしたご不安を抱くもの理解できます。しかし、実際はこうしたご不安の多くは解消可能です。
お任せ

①空室が埋まるかどうかが不安

空室リスクについての不安がもよくお聞きしますが、これについてはそれほど懸念される必要はありません。
住居としての機能がしっかり働いている物件の場合、家賃設定さえ周辺市場に視あう条件であれば借り手は見つかります。
探してみると戸建て物件の賃貸情報が少なく不安を覚えることもあるかと思いますが、購入は資金的負担が大きいため踏み切れないが戸建てに住みたい」という方は以外と多いのです。
 

②入居後のトラブルやクレーム対応

賃貸借とは、貸主と借主がお互いに対し「権利」「義務」が発生します。
貸主の場合は、毎月の賃料を受け取る「権利」を得る代りに、借主に物件を使用・収益させる「義務」も課せられます。
「義務を課せられる」と言えば、何か重たい感じもしますが、ここでいう「義務」とは、借主に“物件(住宅)を通常利用できる環境を提供する”
ということです。よって、「給湯器の故障」「排水つまり」など、通常の住宅に設置されている設備機器の故障などについては、貸主責任と負担において修理対応する必要があります。
 

③家賃滞納時の催促・対応

賃貸借契約に伴い、入居希望者に対する入居審査を行い、審査承認を得た上で契約締結を行いますが、入居後、入居者の生活環境に変化などで賃料に支払いの遅延や、滞納が発生することもございます。
最近は、賃貸借契約に付随して、第三者機関の賃貸保証委託契約の締結を義務付けるケースが増えており、万一の場合はその賃貸保証より滞納賃料の弁済を受けるという貸主に対する保全措置があります。
 

④将来の物件処分(売却等)の可否

「一度、家や土地を貸したら二度と帰ってこない・・。」などと言う方がおられます。
ただ、平成12年の借地借家法改定に伴い、定期借家契約という制度が設けられ、期間期間を設定して、その期間が満了次第、更新を行うこと無く契約が終了する契約形態が設けられました。
その後、この制度が徐々に浸透していき、近年は定期借家契約を利用する貸主が増えております。
又、ここ最近の一般市民のライフスタイルの変化に伴い、一か所の賃貸住宅に長年居住することなく数年程度で引越しする方も増えてきており、期間限定の定期借家契約についても抵抗が無くなってきていることも、制度普及の後押しとなっているようです。
よって、昔よく言われていた「一度、家や土地を貸したら二度と帰ってこない・・。」というイメージも薄れている傾向があり、
併せて、賃貸する自己不動産の将来の売却等についても計画的に考えれば、懸念にはならないと思います。


その他、近年は様々な賃貸サービスも普及しており、家賃保証・一括借上げなど、お客様のニーズに沿った賃貸運営が可能となっております。
 

関連記事

・相続した実家を賃貸する方法:/blog/2014/07/post-31.php

・空家等の個人住宅の賃貸活用について国は推進しています:/blog/2015/04/post-7.php

・自宅を貸したい方が知っておく必要がある知識:/contents/rent-out/