興味を持たれた方は、こちらからご連絡ください。

不動産無料出張サービス

売りたい貸したい、不動産の活用・管理のことなら、神戸市のトップライフまでご相談下さい。
宅地建物取引業:兵庫県知事(3)第11330号 賃貸住宅管理業:国土交通大臣(2)第477号
News

不動産仲介を依頼するメリットやデメリット

引っ越して住まなくなった自宅や相続した実家など、
「空き家のままだけど、今後、どうしよう・・」とお悩みではないでしょうか。

使用しなくなった住宅を売却処分したり賃貸活用したり、
それぞれのお考えや家庭事情などによっても対応方法が分かれます。

「売却」「賃貸」どちらを行う場合でも
「買い手」や「借り手」を探して手続き行うことが必要です。
そのような時に依頼するのが不動産仲介会社です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様がお持ちの不動産の各種手続きについて、
将来、不動産仲介会社に依頼する時のためにポイントを確認してみましょう。

不動産仲介会社の仕事とは?

不動産仲介会社とは、お持ちの住宅や不動産を「売る時」「貸す時」に
「買いたい」「借りたい」という相手方を探し、
各種契約手続き等を代行してくれるお店や会社です。

その手続きのことを『仲介』や『媒介』といます。
※「媒介」とは、昔、結婚式で「媒酌人」(新郎と新婦の間を取り持つ人)
という存在があったことの類似の意味です。

不動産仲介会社は、具体的には以下のような業務を行います。

①不動産査定
対象不動産をいくらで売却できるのか、又は、いくらで賃貸できるのかなど、
不動産の価値・評価を試算行います。(現地調査・都市計画調査・建築基準関係調査・権利関係調査等・・)

②集客活動
販売活動や募集活動など、対象物件を「買いたい」「借りたい」という顧客探しを行います。
尚、近年は、インターネットサイト等での集客活動が主流です。
(物件資料作成・写真撮影・サイト掲載登録等・・)

③現地案内
集客したお客様を現地へご案内し、物件の説明やセールスなど行います。

④条件調整
「売主と買主」や「貸主と借主」の間にたって、手続き等の日程調整やその他条件交渉の調整等を行います。

⑤契約手続き
重要事項の説明や契約書類の作成・説明などと併せて、
金銭授受の手配や決済金の中継など、契約締結に伴う契約履行手続きを行います。

⑥不動産の引き渡し
不動産の引き渡し日程に伴い、鍵の受け渡しを行います。

以上が一般的な不動産仲介会社が行う業務です。

 

不動産仲介を依頼するメリットは?

不動産仲介会社に不動産仲介を依頼した場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①幅広く「購入希望者」や「賃借希望者」を探してくれる。
 例えば、ご自身がお持ちの住宅や不動産を「売却」「賃貸」する際、
自分で「買い手」や「借り手」を探すためには、知人や知人を通じた紹介者など、
限られた人脈での探し方となります。
また、不動産という属性から、オークションやメルカリなどの個人間売買サイトでの売却は困難です。
それに比べて不動産仲介会社は、レインズ(不動産流通機構)というシステムを基に、
全国の不動産会社と連携して幅広く顧客探しを行います。
また、それぞれの不動産仲介会社が加入する民間の不動産ポータルサイト(SUUMOやアットホームなど)
等でも不動産情報を公開し、老若男女問わず希望者を募ります。

不動産仲介会社の情報収集網を活用して、
お持ちの不動産「売却」や「賃貸」を良い条件で取引することが最大のメリットです。

 

②契約関係書類の作成等、契約手続き全般を代行してくれる。
不動産という高額の商品を取得や賃借を希望する相手探しとなれば、
様々な条件交渉や各種調整作業も行わなければなりません。
不動産仲介会社は都道府県知事や国土交通大臣から
「宅地建物取引業」という免許を受けた免許制の業務です。
専門的な契約書類の作成や買主や借主に対する物件の詳細説明から引渡し手続きなど、
「売買」「賃貸」に関する一連の手続きを行ってくれます。

 

それでは、逆に、不動産仲介を依頼するデメリットとは何でしょう。

不動産仲介を依頼するデメリットは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①仲介手数料がかかる。
不動産仲介会社に対して支払う一般的な業務手数料については、以下の通りです。
売買の場合)対象不動産の価格(税抜)に対する3%+6万円(税別)
賃貸の場合)対象不動産の賃料(税抜)に対する賃料の1ヵ月分(税別)

業務依頼やサービスを受ければ費用がかかることは当然ですが、唯一のデメリットが金銭的負担です。

 

不動産仲介会社を選ぶポイント

不動産仲介を依頼する場合、悩めるポイントが不動産仲介会社の選定です。
「売り手」や「貸し手」側からすれば、お持ちの不動産を「安心して」「高く」「良い要件」で、
取引してくれる不動産仲介会社を選びたいのは当然です。

近年は、不動産流通市場もシステム化されており、
以前よりも依頼する不動産会社による成約条件や成約率などの差が少なくなりました。
理由は、インターネットが普及し、情報化社会となったことで、
誰でも簡単に情報が取得できるようになったことが一因です。

これは依頼者側からすれば良い傾向ですが、不動産仲介会社からすれば差別化を図ることが難しくなっています。
ただ、依頼者側から見て、その中でも差別化を図り、
強みとして仲介業務を行っている不動産会社を選ぶポイントは、
地域事情に精通している会社を選ぶことです。
「不動産」とは、“不動”の“財産”という意味です。その“不動”とは、立地・環境のことです。
その立地・環境の良し悪しを熟知し、セールスに生かして成約させることが良い条件での成約に繋がります。
また、マンションの場合、棟内の居住世帯の傾向や住み心地感想など、ローカルな情報も重要です。

住宅の場合、当然、建物の保守状況や設備・仕様などの建物情報についても重要ですが、
建物状況については、不動産仲介会社が提携している専門会社などで対応することが可能です。

よって、最大のポイントはやはり、地域事情に精通している会社に依頼することです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に・・、
お持ちの不動産の「売却」「賃貸」をご検討の際、一般の個人のお客様の場合、
不動産仲介会社に依頼するケースが殆どです。
不動産仲介会社の役割は、依頼者(お客様)が判断・決定するための
判断・検討材料をご提供することが主たる役割(業務)です。
有益な判断材料を提供してくれるか否かが、「満足」「納得」のいく不動産仲介となるのかの分かれ目です。

 

 

 

・お問い合わせフォーム
 https://www.toplife.jp/contents/category/contact/


・家、貸しませんか?
 https://www.toplife.jp/lp/


・オフィシャルサイト
 https://www.toplife.jp/

;