興味を持たれた方は、こちらからご連絡ください。

不動産無料出張サービス

売りたい貸したい、不動産の活用・管理のことなら、神戸市のトップライフまでご相談下さい。
宅地建物取引業:兵庫県知事(3)第11330号 賃貸住宅管理業:国土交通大臣(2)第477号
News

「買取り」での不動産売却のメリット・デメリットについて

現在、お住まいになられている家やお持ちの不動産を売却するとき、
不動産会社に相談するのが一般的ですが、
その際、一般流通市場で「仲介」として売却する場合と、
不動産会社に買い取ってもらう「買取り」での売却に分かれます。

世間一般では「仲介」での売却が比較的多いですが、
資金事情やその他の諸事情によって、
「買取り」での売却を選択するケースも決して珍しくありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産売却ご検討時の基本的な考え方では、
特段、売却してしまわなければならない期限がなければ
「仲介」での売却を選択するケースが多く、
売却期限が定められていたり、また早期売却が必要なのであれば
「買取り」での売却を選択します。

しかし、「買取り」での売却を選択する理由としては、
売却時期の問題だけではなく、様々な要因で「買取り」での
売却の方が望ましいケースもあります。

今回は、「買取り」での不動産売却のメリット・デメリットや、
「買取り」売却の検討が望ましい場合などをご紹介させて頂きます。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「買取り」での不動産売却のメリット
・希望の時期までに売却が可能。(早く換金可能)
・売却時の手間暇が軽減できる。(家財処分や修繕など不要。また、複数回の内覧立合いも不要)
・売却後の責任が無く、保証も不要。(契約不適合責任免責 ※(旧)瑕疵担保責任)
・仲介手数料が不要(仲介手数料=売買価格×3%)
・他人や近所の方に知られずに売却が可能(広告など行わない)

先ず、「買取り」での不動産売却の最大のメリットが、
売却時期を明確に出来ることです。
それにより、今後の様々な資金計画が立て易くなります。
また、相続した住宅などの場合、室内に家財や残置物が残っていたり、
建物が古く補修工事などが必要な保守状況でも、
費用を掛けずにそのままでの売却も可能です。
あと、仲介での売却時に発生する「仲介手数料」についても、
買取り業者との直接の取引の場合は不要です。
その他、売却後に物件の不具合が発生しても、
原則、売主には責任が及ばない契約内容にすることや、
売却のための広告活動なども行わないことから
近隣に知られることなく売却が可能なことなど、
実質負担だけではなく心理的負担も軽減されます。

「買取り」での不動産売却のデメリット
・一般流通市場よりも安い売価となる。(「仲介」での売却より安い)

「買取り」での唯一のデメリットが、一般流通市場(仲介取引)よりも安い売却となることです。
どれくらい安くなるのかは物件によって異なりますが、概ね2~3割程度は安くなります。
その分、「買取り」の場合は、仲介手数料が不要であったり、
修繕や残置物の処分費用が不要など、仲介時には負担しなければならない費用を相殺することで
、実際の手取り資金はもう少し多くなる場合もありますが、
それでも「仲介」と「買取り」の売却後の手元資金は「仲介」が勝るケースが多いのが実情です。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~参考~ これだけはやってはいけない!最悪の売却方法!

高値売却追及をするばかり「仲介」で一般エンドユーザーへの売却を試みたは良いものの、
買い手が付かず、何度も値下げを行った挙句、
結果、当初「買取り」で提示を受けていた価格よりも低い価格で
「仲介」売却を行うことになってしまったケース。
この売却結果は最悪です。
(一般流通市場で、何度も価格改定(値下げ)をすることは原則タブーです。
※価格改定は2回程度まで。 理由は、何度も価格改定することによって、
流通市場では「売れ残り物件」というレッテルを貼られてしまい、
価値が大幅に下がってしまう可能性があるからです。
結果、「買取り」での売却よりも低い価格で売却せざる負えないケースも多くあります。)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「買取り」での不動産売却は、物件の属性や売主様のご事情によって判断は異なりますが、
以下の事情や意向に当てはまる売主様は「買取り」での売却も
ご検討になられては良いのでなないでしょうか。

このような方は「買取り」での売却もご検討になられることをお勧めします。

・相続などで遺産分割のため売却しなければならない方
・マイホームの買い替えで、現在お住まいの家を期日までに売却しなければならない方
・事業資金や生活資金など、まとまった資金が一定時期までに必要な方
・近隣や周りに知られずにお住まいの家を売却希望の方
・売却後の一切の責任を免責希望の方
・家財撤去やリフォームなど何もせず、手間暇かけずに売却したい方
・地方の物件や遠方の物件を売却処分したい方
・長屋や連棟住宅を売却処分したい方
・狭小住宅を売却処分したい方
・賃借人がいる物件を売却処分したい方
・雨漏りや建物が劣化している家を売却したい方
・仲介手数料を支払いたくない方
・現在、売りに出しているが売れずに困っている方
・共有者と意向や意見が一致しない方
・心理的瑕疵がある不動産(俗に言う「事故物件」)の売却を希望の方


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「買取る」相手は、不動産事業者や建築会社などの宅地建物取引業者(宅建業者)です。
宅建業者は物件を買い取って、リニューアルや建替えなど行い、
新たな商品(物件)として再販売します。
また、リニューアルや建替えを行った宅建業者自らが、
中長期的に保有する目的で買い取る場合もあります。
ただ、基本的には再販売する目的での買取りが多いですが、
事業目的で再販売行う以上は「利益」というものが発生します。
何千万円または億という金額を投資してリスクを負い「買い取る」訳ですから、
一定基準の利益を確保するためには、「買取り」も慎重になります。
また、宅建業者にも、得意・不得意があり、物件によって高額の「買取り価格」を提示したり、
低い「買取り価格」の提示であったりなど特徴があります。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「買取り」での不動産売却が望ましいのか否かの判断は、
金銭面だけでは図れない部分があります。
売却物件の状況や属性、売主のご事情やご意向など、総合的に判断した上で
「買取り」での売却なのか、又は「仲介」で一般流通市場での売却かを選択する必要があり、
その中でも売主様の資金事情が判断材料として大きなウエートを占めます。
前述の通り「買取り」の最大のメリットが売主様の希望に合わせて換金が可能ということです。
ただ、その反面、一般流通市場よりも安価な売却となることを受け入れる必要があります。
この実態は、表裏一体につき、どちらを優先的に考える必要があるのかという
バランスによって判断が異なります。
また、建物を利用するためには相当程度の改修工事が必要な物件や、
そもそも一般流通市場では売却が困難な物件などは売主様のご事情にかかわらず、
「買取り」での不動産売却となるケースもあります。

 

 

いかがでしたでしょうか。
今回、ご説明させていただいた内容とご自身のご事情やご意向を照らし合わせて、
今後の売却計画にお役立ていただければと思います。

 

 

 

 

・お問い合わせフォーム
 https://www.toplife.jp/contents/category/contact/


・家、貸しませんか?
 https://www.toplife.jp/lp/


・不動産を売りたい方
 https://www.toplife.jp/contents/category/sell/


・オフィシャルサイト
 https://www.toplife.jp/

 

;