興味を持たれた方は、こちらからご連絡ください。

不動産無料出張サービス

売りたい貸したい、不動産の活用・管理のことなら、神戸市のトップライフまでご相談下さい。
宅地建物取引業:兵庫県知事(2)第11330号 賃貸住宅管理業:国土交通大臣(2)第477号
News

既婚女性対象に現在の住まいへの不満点や賃貸住宅を選ぶ際の必須条件について

(株)LIXIL住宅研究所は6月、賃貸のアパートやマンション、公営住宅に住む全国の既婚
 女性750名を対象に実施した、現在の住まいへの不満点や、賃貸住宅を選ぶ際の必須条件に
 ついての調査結果を次の通り発表した。
 現在住んでいる賃貸住宅の機能性については、「不満点がある」が75.7%、「特に不満点は
 ない」が24.3%。賃貸住宅の形態別では、アパートに住んでいる方で不満を持っているのが
 80.6%と、マンションや公営住宅に住んでいる方よりも大きな割合。
 現在住んでいる賃貸住宅の機能性について不満を持つ568名に、どのような点が不満か質問し
 たところ、20%以上の比率で、「上階の足音や声が響く」、次いで「断熱効果が弱く、夏暑く、
 冬寒い」「風通しが悪く、湿気がこもり、カビが生えやすい」「壁が薄いため、隣室や外の音
 がうるさく、室内の音も外にもれる」となり、上階の足音や隣室の音など、防音(遮音)に関
 わる項目が上位。
 賃貸住宅の機能性における不満点を築年数別に見ると、築年数が増すごとに不満を挙げる割合
 は増える傾向。築10年以上になると、上位4項目は20%以上になり、築30年以上にもなると、
 上位4項目のうち3項目が30%以上に達した。
 築5年未満では「上階の足音や声が響く」「壁が薄いため、隣室や外の音がうるさく、室内の
 音も外にもれる」といった、防音(遮音)に関する項目が不満として挙げられた。
 「断熱効果が弱く、夏暑く、冬寒い」は、築5年未満では10.8%で、築15年以上20年未満であり
 31.8%、築20年以上30年未満で28.5%、築30年以上で31.7%と、不満として挙げる方の割合が
 高くなった。
 また、「トイレにシャワートイレが付いていない」についても、築5年未満では7.2%であったが、
 築15年以上の賃貸住宅においては20%以上が不満点として挙げている。
 賃貸住宅の機能性における不満点を住居形態別に見ると、マンションで最も多い不満は「上階
 の足音や声が響く」が34.4%で、次点の「断熱効果が弱く、夏暑く、冬寒い」よりも約7ポ
  イント高い。アパートでは、「断熱効果が弱く、夏暑く、冬寒い」が38.4%と最も高く、「壁が
  薄いため、隣室や外の音がうるさく、室内の音も外にもれる」は35.6%。
 現在住む賃貸住宅に不満を持っている方は、「すぐにでも引っ越ししたいと思っている」が17.1%、
 「次の更新の際に引っ越ししたいと思っている」が18.1%となり、合計して35.2%の方が引っ越し
 を検討している。
 賃貸住宅を選ぶ際の選択の必須条件は、「風呂とトイレは別室になっていること」が68.8%、
 「内装がきれいであること」が58.3%、「ベランダ・バルコニーがあること」が52.0%「駐車場が
  あること」が47.9%、「部屋の防音効果が高いこと」が45.5%でトップ5。