興味を持たれた方は、こちらからご連絡ください。

不動産無料出張サービス

売りたい貸したい、不動産の活用・管理のことなら、神戸市のトップライフまでご相談下さい。
宅地建物取引業:兵庫県知事(3)第11330号 賃貸住宅管理業:国土交通大臣(2)第477号
News

共有不動産の5つの売却方法と注意点とは?分かりやすく解説します

不動産を配偶者や親子で購入していたり、遺産として兄弟と不動産を相続したりするなど、不動産を共有名義として所有している方は多いことと思います。

共有不動産は売却が難しいイメージがあるかもしれませんが、この記事では共有不動産の売却方法や売却時の注意点について詳しく解説します。ぜひ最後まで読み進めていただけると幸いです。

 

1.共有不動産の売却方法とは?
複数人で所有している不動産のことを「共有不動産」といい、それぞれが所有している割合のことを「共有持分」といいます。土地や建物といった不動産は共有持分ごとに分けることが難しいため、共有不動産は一般的な不動産と比較して売却しにくかったり、売却金額が低くなったりする傾向があります。しかしながら、共有不動産には以下の5つの売却方法があるので、参考にしてみましょう。

 

 

1-1.共有者全員の同意を得てすべてを売却する
共有不動産の売却方法としてもっとも売却金額が高くなることが期待できるのは、共有者全員の同意を得てすべてを売却する方法です。売却後はそれぞれの共有持分に応じて、売却益が分配されることになります。

一般的な売却金額と同じ相場で売却できるので、不動産の共有者全員の同意を得られる場合は、この方法がおすすめです。しかし、共有者の中に一人でも同意しない人がいればこの方法を選ぶことができません。また、共有不動産を売却する場合、原則、一人ひとりが契約書に署名・押印をしなければならないため、手続きが大変になるでしょう。

 

1-2.自分の共有持分だけを売却する
共有不動産は、自分の共有持分だけを売却することも可能です。この場合、他の共有者の同意を得る必要はありません。ただし、不動産の購入を検討している人からすれば共有不動産は制限の多い買い物になるため敬遠されやすく、相場よりも売却金額はかなり低くなってしまう可能性が高くなります。

自分の共有持分だけを売却する方法は、その不動産の他の共有者が買い取ってくれる場合にお互いのメリットがもっとも大きくなります。他の共有者以外に売却する場合は、トラブルが発生しないように共有不動産であることを事前にきちんと説明しましょう。

 

1-3.単独名義にしてから売却する
「共有者全員の同意を得てすべてを売却する方法」とよく似ているのが、単独名義にしてから売却する方法です。この方法では、共有者の代表となる人がひとまず他の共有者からそれぞれの分を買い取って自分の名義に変えてから売却します。

共有者全員の同意と代表となる人の資金面での余裕がないと難しくなりますが、単独名義になるため一般的な売却金額の相場で売却できるようになります。

 

1-4.土地であれば分筆して売却する
対象不動産が土地だけであれば、分筆して売却することが可能です。「分筆」とは共有不動産となっていた土地を共有持分の価値と同等になるよう境界線を設けて分割し、それぞれの土地を単独名義とすることをいいます。分筆すれば共有不動産ではなくなるので、自由に売却できるようになります。

 

1-5.相続時であれば換価分割を利用する
相続によって複数人の相続人が不動産を共有することになったものの、誰も所有することを望んでいない場合は換価分割を利用するのがおすすめです。「換価分割」とは、相続時のみ利用できる方法です。この方法を利用すれば、スムーズに共有不動産を売却した後にそれぞれの共有持分に応じた売却益を分配できます。

 

 

2.共有不動産の売却時の注意点とは?
共有不動産の売却方法には5つあることが分かったところで、売却する際には以下の2つの注意点があるので、気を付けましょう。

2-1.共有者を確認する
共有不動産を売却する際には、まずは共有者の人数や所在、意向を確認しましょう。とくに共有者の一人が亡くなっている場合は、複数の家族に相続されている可能性があります。自分で調べるのが難しい場合もあるので、現状をしっかりと把握するために弁護士や司法書士に相談するのがおすすめです。

 

2-2.共有持分を確認する
共有者を確認すると同時に、自分の共有持分についてしっかりと確認することも大切です。とくに相続では生前に「半分はあなたのものになるからね」と聞かれていたものの、書類上では共有持分が異なる場合があります。共有持分については、登記事項証明書に記載されています。法務局などで取り寄せて事前に確認しましょう。

 

3.まとめ
共有不動産を売却する際には、共有者全員の同意を得てすべてを売却する方法以外にも自分の共有持分だけを売却する方法をはじめとするさまざまな方法があることをご紹介させていただきました。売却時にトラブルにならないように、まずは共有者と共有持分を確認しましょう。

 

神戸市にある「株式会社トップライフ」は、不動産売買・賃貸管理サポートをしている会社です。これまでさまざまな不動産に携わって解決へと導いてきた知識やスキルを惜しみなくご提供させていただきますので、共有不動産の売却でしたらぜひ弊社にお任せください。不動産属性やお客様の事情に合わせて、きめ細やかなサポートをさせていただきます。

 

 

 

【 関連コラム 】

空き家を活かす!空き家の理由と対応方法『共有者との意見の不一致』編
https://www.toplife.jp/blog/3466/

 

相続の際トラブルに発展しやすい「不動産の共有名義」
https://www.toplife.jp/blog/post_70/

 

 

 

;