興味を持たれた方は、こちらからご連絡ください。

不動産無料出張サービス

売りたい貸したい、不動産の活用・管理のことなら、神戸市のトップライフまでご相談下さい。
宅地建物取引業:兵庫県知事(3)第11330号 賃貸住宅管理業:国土交通大臣(2)第477号
News

不動産売却一括サイトのメリットとデメリットとは?使い方も解説

不動産を売却するためには、まずいくつかの不動産会社に査定を依頼する必要があります。とはいえ、数多くある不動産会社の中でも、どこに査定を依頼すべきか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。そのような時に活用を検討するのが「不動産売却一括査定サイト」です。今回は不動産売却一括査定サイトを使用するメリット・デメリットをご紹介します。

1.不動産売却一括査定サイトとは?
まずは、不動産売却一括査定サイとは一体どういったものなのか、仕組みや使い方をご紹介します。

1-1.不動産売却一括査定サイトの仕組み
不動産売却一括査定サイトというのは、ユーザーが査定の申し込みを一度行うだけで、複数の不動産会社の査定を受けることができるインターネット上のサービスです。不動産売却一括査定サイトには、机上査定と訪問査定という2つの種類があります。

机上査定とは、その名の通り不動産の築年数や立地・面積などの表面的な情報だけで、現地や実際の物件を見ずに査定額を計算する方法です。訪問査定とは、実際に不動産会社の担当者が訪問し、細かい条件を確認した上で査定を行います。

1-2.不動産売却一括査定サイトを使用する流れ
不動産売却一括査定サイト使用するためには、不動産の住所、築年数、土地面積、建物面積、間取りについての情報を把握しておく必要があります。これらの情報が正確にわからない場合には、登記事項証明書を法務局から取り寄せることで確認することが可能です。

また、査定を依頼するにあたって、いつまでにどのくらいの価格で不動産を売りたいのかという希望を明確にしておくのがおすすめです。そうすることで、その後に訪問査定を受けた場合にも、より計画的に話を進めることができます。

不動産の情報が集まったら、売りたい不動産の相場をチェックします。ある程度の相場を把握しておくことで、査定価格が適正であるか判断しやすくなるだけでなく、売却にかかる費用の予測も立てることが可能です。

準備ができたら、実際に使用するサイトに不動産の情報や個人情報を入力し、机上査定を申込みましょう。3日から1週間ほどで連絡が届くので、その中でも厳選した不動産会社に訪問査定を依頼します。

 

2.不動産売却一括査定サイトのメリット
次に、不動産売却一括査定サイトを使用することで得られるメリットを見ていきましょう。

2-1.気軽に査定を申し込める
不動産売却一括査定サイト使用する一番のメリットは、サイト上に必要な情報を入力するだけで、複数の査定を申し込むことができる気軽さにあります。地域にある不動産会社を1つ1つ訪ねて話を聞く時間と手間を大幅に省くことができます。

2-2.査定結果を比較できる
複数の査定結果を聞くことで、相場に合う適切な価格がより分かりやすくなります。1社だけに査定を依頼してしまうと、その金額が相場よりも高いのか安いのか判断することができません。一括サイトを使用することで、複数の不動産会社の意見を聞くことができ、より相場を把握しやすくなるでしょう。

不動産の売却を成功させるためには、相性の良い不動産会社と協力することが不可欠です。信頼できる担当者に出会える可能性が広がるのも、不動産売却一括査定サイトのメリットといえるでしょう。

3.不動産売却一括査定サイトのデメリット
ここでは、不動産売却一括査定サイトのデメリットを見ていきましょう。

3-1.メールや電話への対応に追われる
一括で査定を依頼すると、一斉に不動産会社からの営業のメールや電話を受けることになります。とくに、人気のあるエリアや築浅の物件は、査定依頼をした翌日から電話がなりっぱなしということも珍しくありません。サイトの仕組み上、各不動産会社の営業マンは他の不動産会社との競争に勝とうとする意識が働くため、不動産の売却依頼を得るための営業メールや電話を行い、競って連絡をしてきます。

電話での対応が難しいという場合には、要望欄にメールでの連絡を希望する旨を記載しておくのがおすすめです。一度断ったのにも関わらず何度も電話をかけてくる不動産会社は、サイトの運営会社に報告することで対応してください。

3-2.登録されている不動産会社が限定的である
一括で査定を依頼できる不動産売却一括査定サイトですが、実は全ての不動産会社が登録されているわけではありません。理由は、不動産会社から見て、一括査定サイトで顧客から査定依頼を受けるためには相当な費用が掛かるからです。全国各地にある不動産会社の中でも、1つのサイトに対して多くても全国で1000社程度というのが目安になっています。

とくに、不動産の数が少ない小さな町では、登録されている不動産会社が極端に少ないこともあるあります。そういった場合には、直接地域の不動産会社に問い合わせたり、対応エリアが広い不動産売却一括査定サイトを使用したりするのがおすすめです。

4.まとめ
今回は、不動産売却一括査定サイトを使用するメリットとデメリットについてご紹介しました。不動産売却一括査定サイトは、情報を入力するだけで気軽に査定を受けられるのが魅力となっています。一方で、査定依頼をすると、営業メールや電話などの対応に追われることを理解する必要があり、また、全ての不動産会社が登録されているというわけではないので、多角的に情報を調べることも大切です。このようなことを理解・認識した上で、ご興味がある方は不動産売却一括査定サイトを活用してみてください。


神戸市東灘区にあります「株式会社トップライフ」では、不動産のプロが多角的視点からオーナー様のご希望を叶えるための解決方法を提案させていただきます。また、高く早く不動産を売るための具体的なサポートも併せて行っておりますので、まずは無料出張相談でお話をお聞かせください。

 

 

 

(関連コラム)


・不動産売却査定価格はあくまでも売却目安の参考価格
 https://www.toplife.jp/blog/post_33/


・地元の不動産会社と⼤⼿不動産会社の違いとは?それぞれのメリット・デメリット
 https://www.toplife.jp/blog/4703/

;